上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさま、こんにちは。
前回の記事の宣言通り、更新します。ただし写真は忘れたので添付できません。すみません。

20日にナイロビに来て以来、1週間が経ちました。徐々にこちらの生活にも慣れてきました。
幸いにも言われている程治安の悪さは感じません。市民が使うバスを利用していますし、近距離の移動は徒歩が多いです。
当然、夜間は外出しない、ダウンタウンには入らないというルールは守った上でのことですが。

たくさん書きたいことがありますが、今回の記事では僕が暮らしている語学校と寮、及び愉快な仲間達について書きたいと思います。

僕が入学している語学校はスワヒリ語を勉強するための日本人用施設です。
かなりこぢんまりとしていて、1階が寮、2階が語学校です。
授業は22日から始まっており、平日は1日3時間、9時から12時までスワヒリ語を勉強します。
先生はケニア人男性であり、英語とスワヒリ語で授業をしますが、教え方はかなりうまいです。まだ学び始めてから日が浅いですが、お陰でなかなかスワヒリ語が上達したのではないかとうぬぼれてしまいます。

12時に授業が終わった後は昼食を食べ、フリータイムです。学院長が言うには午後は実践の時間で現地のケニア人にスワヒリ語で話しかけてこいとのことです。シャイな僕にはとてもできません。買い物やタクシーを利用する時に小声で言うのが精一杯です。
2月下旬まで授業は続きますが、もうちょっとスワヒリ語を話すようにしないといけないなーと思います。

語学校の面子は僕を除いて以下の3人です。僕が心の中でつけているあだ名で記します。
KID:33歳 女性 10回以上ケニアに来ているほどのケニアフリーク。ケニア永住計画を企てているそうで、仕事を辞めて語学校に入学。好きなものはサファリ。
T:28歳 女性 KIDの友人。KIDと共に仕事を辞めて語学校に入学。同じくケニア好きで10回近く、ケニアに来ている。好きな動物はキリン。
金満:還暦以上 女性 海外援助に興味があるそうで、今後のために現地で生活する必要性を感じ、語学校に入学したそう。必要なのは現地で生活する経験であってスワヒリ語ではないため、勉強に対する熱意が無い。

3人とも年上の女性であり、人前で下着を干す程ワイルドな方々です。若干某テレビ番組のような恋愛観察バラエティのりを期待していた僕は絶望しました。

以上が語学校についてです。
続いて暮らしている寮を説明します。部屋は男子寮、女子寮に分かれておりそれぞれドミトリーになっていますが、暮らしている人が少ないため現在は皆、個室のようになっています。ただ、語学校の寮としてのみでなく、ホテルとしても機能しているため、宿泊客が来ると部屋をシェアすることになります。

そして、寮で特筆すべきが食事であります。1日3食寮で食べていますが、全てかなりおいしいです。特に昼食と夕食が手が込んでおり、日本の家庭食を食べさせてくれます。学院長が食事にうるさいため、お手伝いさん達に仕込んだようです。20日からの滞在だが、味噌ラーメンやおでんを食べさせてもらいました。食事はメンタルに関わる為、かなり助かっています。

寮の人々も紹介します。
宿泊客
坊主:24歳 男性 都内の国立大学院生。研究のために滞在中。教育関連の修士論文を書くそう。家族は兄や弟を含め全員働いており、肩身がせまい。口癖は「日本に帰るー」。
お手伝いさんのケニア人
M:年齢不明 女性 家事全般担当。お母さんっぽい。無愛想。片言の日本をしゃべる。「ゴハンデスヨー」「タベル」。
R:年齢不明 女性 家事全般担当。無愛想だが、たまに笑顔。日本語をしゃべるのを聞いたことがない。
D:年齢不明 女性 水周りの家事担当。一番愛想がある。
フリース:30歳くらい 男性 門番。一番無愛想。会話したことがない。渾名の由来はフリースを着ていることが多いため。

寮は出入りも多く、ついこないだもアフリカにツアーできた7人程が泊まっていました。多くの人が訪れるため、刺激をもらうことができ、その点はとてもおもしろいです。明日28日から1ヶ月程、海外協力隊の方が5名スワヒリ語の勉強のために宿泊します。色々会話できればいいなと思います。

と、まあ以上が僕の生活の周辺です。愉快な仲間達と楽しく暮らしています。
寮の近くのショッピングセンターに日本語入力可能なネットカフェを見つけたため次回は早めに更新できる予定です。
明日は坊主と一緒にケニヤンエリート養成期間、ナイロビ大学に行ってまいりますので、ナイロビ大学について書ければと思います。
スポンサーサイト
どうも、皆々様こんにちは。
これよりブログ「アフリカ留学記」をお送りします。
タイトル通り、私、妻勝のアフリカ留学について記す予定です。

こけら落としの記事になりますので、私自身について紹介させて頂きたいと思います。

以下自己紹介

氏名:妻勝 明良
性別:男
年齢:23才
血液型:A型
職業:学生(但し9月卒業のため10月からは無職)
出身:愛知県
現住所:東京

高校卒業後、東京の某私立大学に通うために上京。
大学を9月で卒業することになったため、来年の4月まで暇ができ、何となく、アフリカに半年間留学することにしました。
何となくであって、貧困や紛争に興味がある訳ではないです。念のため。
アフリカではスワヒリ語の勉強をします。
そして、来年2月下旬に帰国し、4月より都内の企業で働き始めます。

以上とさせて下さい。
簡単な方が想像をたくましくする余地があってよろしいかと思います。
また、記事を書いていく中でポロリポロリと自身について明かすと思うので、それも楽しみにして下さい。

はじめての記事を書いてみて、意外と面倒であることに気付きました。
少しでも続くように、また、少しでも皆様に喜んで頂ける記事を書けるように頑張っていく所存ですので、何卒、ご声援をお願いします。


学生ブログランキングという物に参加してみました。
左側にあるリンクをクリックして頂けると順位が上がるそうなので、指の運動を兼ねてクリックしてみて下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。