上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02.21 帰国しました
みなさま、どうも。
妻勝です。

昨日2/19無事に帰国しました。
そのまま迎えに来てくれた友人と飲みにいってしまい、家に帰ってきたのは本日です。
「家に帰るまでが~」という遠足理論に従うと、本日僕の留学が終わったわけです。
ケニアに降り立ったのが9/20でしたから、ちょうど5ヶ月。
長いような短いような期間でした。

帰ってきてびっくりしたのが、東京の寒さ。
イスタンブールも寒かったんですけど。
でも、便座暖かいね。
これは正直感動しました。
帰国して最初に食べたうなぎ以上だったかも知れないです。

まあそんな感じです。
これからは入社の準備をしたり、しなかったりしながら日々を過ごそうと思います。

あと、アフリカで会ってアドレスを交換していないけど、このブログを知っていて、僕と連絡取ってやってもいいよっていう奇特な人がいたら、コメント欄経由で連絡先を教えてください。

では。
スポンサーサイト
みなさま、どうも。
妻勝です。

これがアフリカでの最後の更新になります。
現地時間で夜中の0:37、送別会を開いてくれた方たちも就寝し、一人でパソコンに向かっています。

名残惜しい気も若干しますが、今はイスタンブールへの憧れと、日本に早く帰りたい気持ちの方が多いです。
ブログには余り書きませんでしたが、楽しいこともありつつ、結構、嫌なこと、ストレスを感じることもあったりしました。
その環境から脱出できることが嬉しいです。
社会人経験のある青年海外協力隊の隊員にはこの程度のストレスはよくあるよと何度も諭されました。
彼が在籍していた会社には営業先から灰皿を投げつけられる研修があるそうです。
灰皿を投げつけられたら、どうしたらいいんですかね。
キャッチアンドリリースですか。
更に怒らせてしまいそうですけどね。
でも、嫌なもんは嫌なんです。
つらいことも痛いことも嫌だっちゃ。

出発を前にして、これだけ、後ろ向きなブログも珍しいでしょう、きっと。
しかし、これが素直な気持ち。
さようならケニア、ばかやろうケニア、でもちょっぴりありがとうケニア。

明日の昼飯はケバブだぜ!
あ、今日バレンタインデーだった!
みなさま、どうも。
妻勝です。

本日最後の授業が終わりました。
特に感慨も無いですけど、時間が経つ早さにびっくりです。
ぐだぐだしていた時間も長かったように思いますが、ケニア行きを決めてから本日までただただあっという間でした。
今回の留学を通して、成長したかどうかとか、自身にとってプラスだったかどうかとかは全く分かりませんが、十分に休息することはできました。
気持ちの良い気候とうまい日本食が最高でした。
お陰で生まれて初めて太ったって言われましたがね。
こんなに休んだのだから、きちんと社会人として働ければいいなと思います。

で、まあ、帰国を前にして急にケニアをこのままにして去るのが惜しくなってサファリツアーに申し込んできました。
これまで日帰りでしか行ったことがなかったので、今回はがっつり宿泊付きです。
明日の金曜日から日曜日まで2泊3日でサファってきます。
行き先はマサイマラというケニア国内の国立公園で、ライオン王国と呼ばれています。
その呼び名の通りライオンを始めとした肉食獣が多いそうです。
ですから、ぜひハンティングを見てみたいのですが、それ以上に期待しているのはサバンナでの夜明けと日没です。
もう全米が泣くクラスの感動が僕を待っているに違いないっす。
うまく写真が取れたら、こちらのブログにもアップすると思いますので、画面の前の下賎な諸君らも期待して待っていて下さい。

明日からサファリに行くため、もう本日を含めて3日しか寮に泊まらないのに、なぜかこのタイミングで寮が断水しました。
シャワーはもちろん、トイレも水が流れません。
寮の外にある蛇口から水を汲んでそれで、色々と間に合わせています。
生活の必要のために水を運ぶという作業を生まれて初めてやってみたのですが、かなり大変ですね。
想像以上に重いっすわ。
よく途上国で、村から何kmも離れた井戸まで水を汲みにいかなければならないという話があるそうですが、あれ本当に大変ですよ、きっと。
僕だったら絶対耐えられないですね。すぐに井戸の側に引越します。

途上国のことを考えたりしながら、きちんと水の出る日本に一刻も早く帰りたくなった今日この頃でした。
みなさま、どうも。
妻勝です。

本日航空券を購入し、帰国日程が決まりました。
2月15日にケニアを出国し、トルコのイスタンブールに3日滞在した後、日本に帰国します。
2月19日のお昼ごろ、日本に到着する予定です。
トルコ航空利用で大体9万円ちょいでした。

気付けばあっという間というか、その前に残されている時間が短すぎることに焦りを感じます。
最後にがっつりとサファリをしたいと思って、航空券の購入とあわせて、旅行代理店の間を走り回っていました。
適当なツアーを見つけて問い合わせたのですが、空きを確認して電話すると言われて以来、連絡が来ないです。
また明日直接確認してみようと思います。

動物よりもサバンナでの夕日や夜明けを見てみたい。

そんな感じです。
ライオンキングを見て、サファリに対するモチベーションを上げます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。