上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさま、どうも。
妻勝です。

帰国が早まることになりました。
入社前は色々と急がしいのです。
まだ航空券を買っていないのですが、今月の中旬から下旬にかけてを予定しています。
そんな訳で、よろしくです。

それにしても結局帰国が早まることになったにはせよ、内定先にはかなり優しくしてもらったように思います。
これまで様々な便宜を図ってもらいました。
今も提出書類の締め切りを延ばしてもらっています。
入社後も優しくしてくれるといいな!

まあ、甘い期待をせずに頑張ります。
大学入学からバイトをしていない月は無かったので、ケニアで超非建設的に過ごしたことによって大分労働意欲が湧きました。
3/31から4月の下旬まではずっと合宿形式なので、かなり楽しいだろうと予想しています。
他の内定者と仲良くということまでは期待しませんが、波風立てずにやっていこうと思っています。


で、帰国するために最近は航空会社を調べています。
かつてはJALのオフィスがあったにも関らず、未だにケニア、日本間の直通便はありません。
必然的にどこかしらで乗換えが必要なのですが、それをどの都市にしようかと悩んでいます。
以前はカイロ経由でエジプトを観光していこうかと考えていたのですが、デモのせいで諦めざるを得ないようです。
なんでデモなんて起こるんすか!
エジプトは観光してみたい国の1つに入るのに、ほとほと縁が無いらしいっす。
政治のことなんでしょうがないですけどね。

エジプト航空以外だと、エミレーツ航空とカタール航空がよく使われている航空会社なのですが、
ドバイは物価が高そうですし、ドーハは何があるのか知りません。日本戦も終わってしまいましたし。

そんな感じで予定は白紙です。
いっそケニア航空で香港まで飛んでしまおうかとの一案もあります。
どうしようっかなー!

とりあえず、どこを経由するにせよ、帰国が早まるんでよろしくお願いします。
スポンサーサイト
みなさま、どうも。
妻勝です。

マダガスカル旅行記続編を書き続けたいところなんですが、今回はお休みして、いつもの下らない小話を一つ。

週末の金、土、日とかけて、青年海外協力隊の人と男4人で桃鉄をプレイしました。
プレイして思いますが、やっぱり桃鉄は名作ですね。
いい年した大人がキャッキャッ騒ぎながら3日間連続してやれるゲームってあんまりないように思います。
それに、ゲーム上とはいえ、お金がかかるからなのか、それぞれ熱くなるので、日本人の絶叫がナイロビの夜空にこだましていたそうです。
ちなみにプレイしたバージョンはスーファミ版の桃鉄DXでした。

3日間で大体15時間くらいかけて30年で競いました。
4人中2位という順位でしたが、まあ、まずまずかなという思いです。
良かったと思う点は取れるリスクと取れないリスクをきちんと分けることができたことです。
最後の決算が終わった後に、ゲーム中のゴール回数や貧乏神とのターン数が発表されるのですが、一番貧乏神と一緒に過ごしながら、最もキングボンビーと過ごしたターンが少ないプレイヤーでした。
貧乏神は耐えられるリスクとして我慢し、キングボンビーは極力即排除する、このように攻めと守りを区別できたのが2位になれた一因だと思います。
この姿勢はぜひ次回に繋げたいと思います。

じゃあなぜ1位になれなかったかと言うと、運かなーというどうしようもない言い訳しかでてきません。
個人的にはスリの銀二が痛かったように思います。
決算の直後に被害に遭ったり、他のプレイヤーは4分の1、もしくは多くても2分の1の被害なのに、全額スられたりしました。
それと、カードの引きも悪かったです。
良いカードが引けないというのももちろんですが、他のプレイヤーより圧倒的にデビル系のカードを引き、でかい買い物をした後にキングデビルを引くといった不運もありました。
運のせいにしてもしょうがないんですけどね。

あと、1位のプレイヤーがうまかったのも事実です。
意外だったのが、最終決算直後のゴール回数発表では1位の彼が最もゴール回数の少ないプレイヤーでした。
目的地に入ることが1位になるための近道の様に考えていたのですが。

彼のうまさは物件の押さえ方にあるように思います。
早い内に高収益の物件を購入する姿勢を徹底していました。
中でも大きかったのが油田の購入です。
油田は2億円の価格で利益率100パーセントであり、しかもそのまま独占となるため、利益率は200パーセント、すなわち、決算毎に4億円の収益を生み出すことになります。
これは目的地1個分に相当する金額で、特に序盤においてはすごく大きな利益です。
入れるかどうか分からない目的地ではなく、油田によって毎年確実に他の物件を購入する資金を用意できたことが彼の強さの源だったと思います。
次回は油田の獲得を至上命令にします。

とまあ、久しぶりの桃鉄を振り返ってみた訳ですが、最後に桃鉄に関る記事を紹介。
http://bipblog.com/archives/2243954.html

勝間さんが本気で桃鉄について書いてらっしゃる…。
秀逸だと思うのは桃鉄を麻雀に例えてる所。
うーん、なるほど。さすがは経済評論家っすね。
2011.01.19 復活してます
みなさま、どうも。
妻勝です。

ちょっと間が空いてしまいましたが元気です。
体調もすっかり回復しました。
どうやらマラリアだったようです。
診断が下った訳ではありませんが、定期的な高い発熱を繰り返す特徴的な症状だったのでそうではないかと素人判断をしました。
ナイロビにはマラリアはないので、マダガスカルから持って来てしまったのでしょう。
マラリアスタートとは2011年は中々最低な幕開けです。
それでも僕は負けません。
あ、一応病院にも行ったんですけど、まじファックなんでおすすめはできないです。
心配は減らず、金だけが減りました。
治りかけだったのに入院をすすめられるし、最低なデベロッピングです。
あいつらすぐに入院をすすめますが、単なる営利目的が多いそうなので、ケニアで通院予定がある人はご注意下さい。
ちなみに通院先はナイロビ病院でした。外国人と金持ちのケニア人用と言われていますが、どうなんでしょう。

前回の記事に拍手が集中しており、みなさまの熱い期待を感じますが、やはり大したことはなく、まさに世間話でした。
何なんすかね。
まあ何者でもない、というか無職の僕の身分が気楽だったみたいです。
大人は大変っすね。

そんなこんなでまた明日からマダガスカル旅行記書ければいいなと思います。
よろしく。
みなさま、どうも。
37度2分、妻勝です。

今日、女性から呼び出しを受けました。
何でも僕と「話がしたい」だそうですよ。
これから携帯にワン切りが来るそうで、それを待機しています。
ワン切りが来たら、寮の外に出て、落ち合う予定です。
何なんでしょうか。何なんすかね。むふふふ。

彼女は宿泊者の1人。間違っても同級生ではない。
夕飯の食器を下げる際に、急に僕の机の前まで来て、
「いつかお時間頂けますか?」と。
僕はもぐもぐしながら、
「え、何すか?」
と、2011年も冴えない男の返し。
「ちょっとお話がしたいんですが」
これは彼女。
「いつでも暇ですよ。今晩でも大丈夫です」
「じゃあ今晩お願いします」
「え、というか話って何なんですか?」
新年も相変わらず無粋な男の質問。
「世間話です」

世間話…、ふ、ふーん。ま、詳しくはその際に話しましょうかと、落ち合い方の打ち合わせ。
常に男子寮のリビングにいるので呼んで頂ければと提案すると、彼女は、
「え、でも、リビングには他の男性もいますよね」
「まあ、そうですね」
「じゃあ、携帯教えてください。ワン切りします」
とまあ、このように呼び出しを受けた次第です。

何なんすか?もう下がりかけた熱が上がっちゃいますよ。
別に世間話なら他の男性がいる所ででもいいじゃないですか。
どこの世間の話をするんですか。

何はともあれ、早くワン切り来ないかなー。
連日順調に下がり続けた熱が今日は下がりそうにもないぜ。

あ、すみません、ついテンションが上がってこっちを書いてしまいました。
マダガスカル旅行記続編はもうちょいお待ちを。
みなさま、どうも。
妻勝です。

どうやら別れの後に出会いが来るというのは事実のようです。
ミヤケンさんとツアー客を見送ったその日に新たな宿泊者たちが現れました。
彼らは青年海外協力隊の隊員で、年度末のフォローアップ研修としてこの1週間スワヒリ語を学習するそうです。
以前、共同生活していた、これから任地に向かう方々ではなく、任期途中の隊員であるため、既に彼らの仲間内でかなり仲がよく、僕の方が先にいるのに転校生の心境で過ごしています。

今回はその寂しさを書き散らす…のではなく、先週末に行ったNakuruについて書きます。
女の子3人と行くわくわくNaivashaツアーが挫折したのは以前の記事の通りです。
しかしながら、旅行に行く機会は貴重であるため、渋々ながらもミヤケンさんと男2人で1泊2日のNakuru旅行に行ってまいりました。

Nakuruはフラミンゴの大群が生息するLake Nakuru National Parkで有名です。
初日は移動とぐだぐだな飲みで過ごしてしまいましたが、2日目は気を取り直してLake Nakuru National Parkに出向きました。

たかだか鳥でしょ、と当初は思っていましたが、やはりサファリは神の創りし遊戯です。
青い空と山々に囲まれて広がる湖に多くの水鳥が遊ぶ光景はこの世の楽園のようでした。
素晴らしい。
すごい。
最高です。

Lake Nakuru National Parkはフラミンゴや水鳥の他にも動物が多数おり、彼らもまた良かったです。

縮小版ナクル入り口

Lake Nakuru National Parkの入り口です。

縮小版ナクル湖

Lake Nakuruです。

縮小版ナクルのフラミンゴ

フラミンゴです。写真が下手のため、楽園具合が伝わらないと思いますが、想像力を駆使してください。

縮小版ペリカン

ペリカンです。

縮小版ナクルのサイ前振り

次はあの木の下に行ってみましょう。

縮小版ナクルのサイ

サイとバッファローです。サイでけー。

縮小版ナクルのライオン

見にくいと思いますが、ライオンのつがいです。ハネムーンだそうです。

縮小版ナクル猿ベストショット

いわゆるお猿さんです。観光客に慣れているのか俄然寄ってきます。
車の影を見て頂ければ近さが分かると思います。

こんな感じでした。
ケニアにお越しの際はNakuruにも立ち寄るべきだと思います!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。